大阪大学工学部応用理工学科機械工学科目

機械創成工学 & 機械創成工学実習III

機械創成工学は機械創成工学実習IIIと対になっており、マイコン(マイクロコントローラ)を用いたシステム開発と制御の基礎を学びます。 なお、講義と実習の単位は別です。

情報は随時このウェブページに掲載します。 質問はzhidao[at]ieee.org宛メールにて随時受け付けます。

お知らせ

講義:機械創成工学

担当教員: 杉原知道 准教授

テキスト

講義は、前半4回で次の内容について説明します。

また、後半7回で、複数の教員がマイコン等を使ったシステムの実際例を紹介します。

実習:機械創成工学実習III

担当教員: 東森充 准教授、杉原知道 准教授

実習は創造工学センターで行います。 各グループごとにマイコンを使った回路を工作し、プログラミングしてもらいます。 最終的にマイコンとセンサ、モータを持った自律ロボットを製作し、競技会を行います。 競技ミッションは実習半ばで提示します。

組分け曜日担当教員
1, 2組木・金曜東森准教授, 杉本助教, 土井助教, 松中助教
3, 4組火・水曜杉原准教授, 荻野助教, 谷村助教

グループごとに毎回議事録(テキストファイル)を作成し、実習終了時にTAか助教に提出して下さい。 記載フォーマットは自由ですが、日時実習作業内容出席者と各人の作業担当を明記すること。 議事録と最終レポートを元に成績評価します。

実習回数1,2組実習日時3,4組実習日時実習内容
1 10/7 10/5 基板の作成
2 10/8 10/6 基板の動作確認
3 10/14 10/12 LEDの追加
4 10/15 10/13 割り込みプログラム
5 10/28 10/26 フォトリフレクタ
6 10/29 10/27 フォトリフレクタの追加
7,8 11/11,12 11/9,10 モータとモータドライバ
9,10 11/18,19 11/16,17 ロボットの設計
11,12 11/25,26 11/30, 12/1 ロボットの開発
13,14 12/2,3 12/7,8 ロボットの開発
15,16 12/9,10 12/14,15 ロボットの開発
17,18 12/16,17 12/21,22 ロボットの開発
19,20 1/6,7 1/11,12 ロボットの開発
21 1/13 1/18 最終競技会

関連ドキュメント


Copyright © T. Sugihara, Osaka Univ.

機械創成工学

トップページ

機械創成工学実習III

第1回 基板の作成

第2回 基板の動作確認

第3回 LEDの追加

第4回 割り込みプログラム

第5回 フォトリフレクタ

第6回 フォトリフレクタの追加

第7,8回 モータとモータドライバ

第9,10回 ロボットの設計

最終競技会について